徹底した分析がケアマネ合格をサポートする、「ケアマネ通信講座online」

ケアマネ合格勉強法

ケアマネ通信講座online:勉強方法

ケアマネ資格取得を目指して勉強をしている方々は、仕事終わりの夜遅く時間を作ったり、忙しい家事の合間を縫って少しずつでも勉強をしたりと、中々ケアマネ試験対策勉強が捗らないという方も多いと思います。

そこで今回は当『ケアマネ通信講座online』を活用して、短時間でより効率的にケアマネジャーの知識が身につくオススメの勉強法をご紹介したいと思います。

ケアマネ勉強法①:合格テキスト+音声学習

『ケアマネ通信講座online』は、パソコンはもちろんのこと、スマートフォンやタブレットを使って外出先でも簡単にケアマネ試験勉強ができます。

まずは、ケアマネに関する基礎を身に付けましょう。
【合格テキスト+ 音声学習】で学習をすれば、晶文社刊『ケアマネジャー合格テキスト』を読みながら、同時に音声学習もできるので驚くほど自然にケアマネ知識が身につきます

⇒【音声学習】ちょっとだけお試し体験

一度全体を勉強し、少しでもケアマネジャーの用語や制度の仕組みについて目を通すことが重要です。

一通りテキストを読み終えたら、早速次のステップです。練習問題も解きながら知識を身に付けましょう

ケアマネ勉強法②:豊富なケアマネ問題集で試験に強くなる

本講座最大の特徴は、その豊富な問題数にあります。さらに、多数の試験合格者を輩出した講師陣が徹底的に過去問を分析し、作成したオリジナルの練習問題を解くことで実際の試験に強い感覚が身につきます。

Ⅰ.過去問(1回目)

まずは、実際に介護支援専門員実務研修受講試験で実際に出題された過去問を解いてみましょう。できるできないは別として、どのような問題が出題されているのか傾向をつかむ程度でもよいので、さっと1、2年分を解いてみましょう。

Ⅱ.五肢複択問題

まずは、基本問題をしっかりと何回も学習することが肝心です。基礎をしっかりと身に付けましょう。onlineでは晶文社刊『基本問題集』『実践予想問題』の内容を学習できるので、すきま時間にonlineで、じっくりと腰を据えて取り組めるときには紙冊子でチャレンジしてみてください。驚くほど知識が定着するはずです。

⇒【五肢複択問題】ちょっとだけお試し体験
Ⅲ.○×問題

○×問題では、五肢複択問題で身につけた基礎力を強化するとともに、基本問題を補う細かな知識まで養えます。

Ⅳ.過去問(2回目)

五肢複択問題と○×問題で基礎力と応用力を身につけたら、再度、過去問にチャレンジしましょう。最初に過去問に取り組んだときと比べて、各段に理解が進んでいるはずです。同時に自分の得意な問題、または苦手な問題がどんどんわかってきます。

Ⅴ.模擬試験問題

過去の介護支援専門員実務研修受講試験を分析し、オリジナルの問題を作成しました。実際の試験を想定した難易度と出題形式で、本試験を突破するのに十分な実践力を養成します。

すべての問題が解き終わるころには、もう怖いものなしです!実際のケアマネ試験も自信を持ってのぞめるくらいの実力が身につくはずです。

ケアマネ勉強法③:苦手な問題は徹底分析で克服しよう!

何度問題を解いても間違ってしまうという場合は、自分の苦手な分野を徹底分析しましょう。『ケアマネ通信講座online』では、各出題方法で間違った問題や苦手な問題、後で解きたい問題を個別で勉強することができます。繰返し問題を解いて、自分の苦手を徹底的に克服しましょう!

『ケアマネ通信講座online』は、ケアマネジャー(介護支援専門員)試験合格に特化したeラーニング講座です。 どこでもできる豊富な問題数で、空き時間で気軽にケアマネ試験対策!

※このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)しています。 ©copyright 株式会社晶文社 2021